MARCELO ALZETTA / MUSEO PRIMITIVO (アルゼンチン直輸入アナログLPレコード重量盤)

型番 20/27V
販売価格 3,000円(税込)
購入数

*ウリセス・コンティが奇才の造形作家をプロデュースしたIDM/エレクトロニカ作品、アナログで。


当店店頭在庫分二枚をよくよく観察すると、ブエノス・アイレスからの輸送中にレコード・ジャケットに折り目、シワが入ってしまっておりました。今回、この在庫限りスペシャル・プライスにて放出致します。3,585円(税込)のところ、何と3,000円ポッキリで。いかがでしょうか。




リズムマシーンやシーケンサーをいじったことのある方なら、適当に入力した信号がビートとなって走りだし、ワクワクさせられた体験をお持ちではないでしょうか。その初期衝動と、アーチストならではの緻密なストーリー性を併せ持ったエレクトロニカを紡ぐのは何と本業造形作家/画家のマルセロ・アルセッタ。その美術アーチストが自らムーグ、コルグ、ミュータブル・インストゥルメンツ・グリッヅ、幻想的なチル・アウトから、70'sのクラフトワークを思わせるヴィンテージなアナログ・シンセ・トーンやヴォコーダー、そしてデジタルの波形編集まで電子機器を操りブエノス・アイレス郊外タンディルで収録された音源群。京都エクスペリメントの舞台劇伴のために来日したり、ドイツの雑踏をフィールド・レコーディングして作品にしたり、ピアノを独学で始めたアーチストの作品をプロデュースしたり、音楽や音自体の魅力を抽出したシネマティックな音作り、若しくは取り憑かれた人の貴重な瞬間を切り取って表現として提示することに長けたウリセス・コンティが曲順や編集を共同作業で行っています。プリミティブな美術館と題された本作は、彩り豊かな電子音の洪水と様々な速度で歩みを変えるビートの美しいコントラストがロードムービーのサントラを思わせます。全8トラック。




*アルゼンチンからの航空便の運搬状況により、ジャケットにシワが寄っている場合があります。ご了承ください。











Your recent history

Recommended

Best sellers

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile