Anna Luisa / do zero

型番 7898270 414152
販売価格 2,515円(税込)
購入数



澄み渡ったメロディーに載る美声、美貌、感覚美までをも備えたカリオカ、MPBシンガー - アンナ・ルイーサ、デヴュー!ペドロ・ルイス=セウ・ジョルジ共作の未発表曲を謳いこなす逸材。ペドロ・ルイス&ア・パレーヂ、ホドリゴ・マラニャオン、リオ・マラカトゥがゲスト参加。

若干26歳のカリオカ・シンガー、アンナ・ルイーサはアントニオ・アドルフォの主催する音楽スクールなどで学びつつキャリアをスタート。ジルベルト・ジルやカシア・エレールを敬愛しつつバイーアォン、マラカトゥ、ショッチ、レゲエ、そしてサンバとリズム・レジェンドを興味の赴くままに吸収してきたという。そしてカルナヴァルの際にブロコ・キゾンバでリード・シンガーをとることで、本作に参加しているペドロ・ルイス(モノブロコ)、ホドリゴ・マラニャォン(バンガラフメンダ、マリア・ヒタ/セグンドの楽曲提供でも知られる)、リオ・マラカトゥなどと交流も生まれたのだろう。ポップ・オルタネイティヴな姿勢のアーチストたちの影響を受けた彼女の感性はロス・エルマーノス(ホドリゴ・アマランチ作)の"UM PAR" m-10を採り上げ、慈しむように優しく唄い上げる様からも伺い知ることができる。そしてベースのエメルソン・マルヂーニとの共作曲m-1からして、物腰が柔らかく澄んだ声という自身の個性を活かすべく、アルペジオ+バチーダと二本のギターに小技の効いたパーカッション+最小限のエレクトリック要素にベースという洗練されたアンサンブル。 ペドロ・ルイスの北東部音楽趣味とセウ・ジョルジのファンキ趣味が融合したタイトル曲m-3ではシコ・サイエンスのようなアジテイトをペドロ・ルイス&ア・パレーヂと共に繰り広げる。ホドリゴ・マラニャォン本人とのデュオでゆったりとしたメロウ・サンバを聴かせるm-5"PRA TOCAR NA RADIO"などはラジオから聴こえて来たアフロ・サンバを賛美するという内容の磨き抜かれた珠玉の逸品。ポップ・ヘギ〜アシェーのようにも聴こえるm-6は自作曲。臨場感たっぷりにブロコのパーカッションが響き渡るm-7にはリオ・マラカトゥが参加。北東部リズムの一つ”シランダ”が曲名となったホドリゴ・マラニャォン作のm-8でも、声とギターに小鳥のさえずりが連なって拡がり行く心地よいアクースティック音場を満喫できる。MPBシンガーの先達たちが道を譲らずに居れないMPB注目盤!


Your recent history

Recommended

About the owner

伊藤亮介



Blog

Mobile